注目キーワード

日頃の疲れを肉でぶっ飛ばせ!鶏や豚や牛は三種の神器!?

人間という生き物は、正直なところ

「息をしているだけで疲れる!」生命体なのでは?

そう、現代社会の荒波にもまれて、
普通に生きているだけでも仕事や
育児などの生活環境による疲れからは、
決して逃れることができないものですよね。

 

そんな中で、人が疲れを癒すための
必須条件の1つ、それが毎日の食事。
そんな食事にある3つの条件を
追加するだけで、今までよりも疲れを
格段に癒すことができるとしたら・・・どうでしょうか?

その3つの条件とは、の3種の肉を、
「ただ食べる」だけのことなのです。

 

というわけで、今回は日頃の疲れを
格段に癒せる肉たちのお話をしていこうと思います。

 

おすすめ記事
齊藤なぎさ(イコラブ)の高校や大学はどこ?女優転身や脱退の可能性は?
ビッグカップルか!?大谷翔平と狩野舞子が結婚した!?その出会いのキッカケと意味深試合観戦さらに気になるペアブレスレットについてピックアップ!!

 

スポンサードリンク




 

まずは、鶏肉を食べるべし!


鶏肉といっても、色々な部位がありますから
「どこが何に良い?」なんて普通は分かりません。
だから、そんな細かいことは言いません。

 

結論、鶏の胸肉を食べましょう。

 

なぜ鶏の胸肉なの?
というと、実は鶏肉の中で、
一番、疲労を軽減させる効果を持っているからです。

それは「イミダペプチド」という成分が
入っているおかげなのです!
なんと、摂取するだけで疲労が
軽減されることが科学的にも証明されています。

 

では、どのくらい取ればいいのか?

それは1日に200mgとのことですが、
そのくらいの量なら、たとえば今や
どこのコンビニでも売られている、
よくある「鶏肉の入っているサラダ」1個で
100mgは普通に摂取できることでしょう。

 

つまり、それくらいお手軽に摂取できるということです。

一例としては、このサラダを1日2回、
朝晩と食べるだけで体の疲れが普段より各段にやわらぐのです!

そして、これを2週間も繰り返せば、
以前よりもだいぶ体が軽くなることでしょう。

 

次に、豚肉をたべましょう!


さて、豚肉といってもこれまた色々な
部位がありますが、やはり細かいことは
言わず今回は「豚ヒレ肉」を食べてみましょう。

豚ヒレ肉には、体の疲れを取り除く
「ビタミンB1」が多く含まれています。

1日に必要な量は1.1mg、豚ヒレ肉は
100gに対して約1mgの「ビタミンB1」が
含まれていますので、

たとえば定食屋さんのヒレカツ1人前で「ほぼクリア」。

というわけで、昼食は豚ヒレ肉の摂取できる
「ヒレカツ定食」をおススメします!

 

スポンサードリンク

 

最後は牛肉でシメる!


牛肉もそれこそ色々な部位がありますが、
ここは敢えて「牛ヒレ肉」で頑張ってください!

はい、知ってますよ・・・ええ、高いですよね?
でも、あえて頑張ってください!

 

牛ヒレ肉には、人体にとても貴重な
物質である「L-カルニチン」が豊富に含まれています。

「L-カルニチン」とは体内で生成可能な
物質であり、体内の資質をエネルギーに変
換するのに必要不可欠な物資なのです。

 

しかし、体内で生成する量は成人男性でも
わずかにしかならず、40代、50代と年齢を
重ねていくうちに「体の中ではほとんど作れなくなってしまう!」のです。

すると、最終的な手段として食べ物から
摂取しないといけなくなります。

ちなみに、この物質がものすごく極端に
減ってしまうと、人間は普通に死にます。

そこで、牛ヒレ肉の出番というわけです!

 

通常、人間が1日に必要とされる
「L-カルニチン」の量は200mgです。

牛ヒレ肉は、100gあたり約60mgの「L-カルニチン」を含んでいるのです。

というわけで、牛ヒレ肉を300gちょっと
摂取すれば、必要量の「L-カルニチン」を
確保できるので、資質からのエネルギー充填により疲れが各段にぶっ飛ばせることでしょう!

ただし、牛ヒレ肉はちょっと高いので、この技はお金に余裕があるときにしましょうね。

 

まとめ

の3種類の定められた
部位を効率よく摂取するだけで、
日頃の疲れをわりと簡単にぶっ飛ばすことができるのです。

中でも一番元気がみなぎるのは、
牛ヒレ肉に入っている「L-カルニチン」の
摂取なのですが、毎日食べるとなると
さすがにお金がかかってしまいますよね。

というわけで、一例としてコンビニで
売られている「鶏肉の入っているサラダ」を
毎日2回ずつ食べるか、

あるいはお昼に毎日「ヒレカツ定食」を
食べることで、肉体的にも経済的にも
疲れをぶっ飛ばせるはずです!

 

※ただし、上記の疲労回復成分である
「イミダペプチド」や「ビタミンB1」、
「L-カルニチン」は肉以外にも
摂取可能ですので、「肉系はNG!」という方は、
ホウレンソウやレモン、黒酢、梅干し、
納豆、トマト、ピーマンなどで摂取をお願いします。

現代社会の皆様、肉を食べて
荒れ狂う波をかき分けて精一杯頑張っていきましょう!

 

おすすめ記事
齊藤なぎさ(イコラブ)の高校や大学はどこ?女優転身や脱退の可能性は?
ビッグカップルか!?大谷翔平と狩野舞子が結婚した!?その出会いのキッカケと意味深試合観戦さらに気になるペアブレスレットについてピックアップ!!

 

スポンサードリンク
最新情報をチェックしよう!