注目キーワード

可愛いイレーヌ(ルノワール)のモデルは誰?その後の人生も!

スポンサードリンク

こんにちわ!

今日は一日中、部屋の中でのんびり。
だって外は暑いから。引きこもってます(笑)

衣替えする前に夏がやって来た感じです。
部屋を掃除し、服を入れ替え、明日に備えてます!

さて、先ほどはビュールレコレクションについて
記事を書いてみましたが、書いていて、
今回の展示会のパンフレットを飾る 「可愛いイレーヌ」
モデルは一体どんな人で、どんな人生を歩んだんだろう
とふと思いました〜

 

気になると、どうしようもない性分なので、
合わせて 「可愛いイレーヌ」 モデル その後の人生 子孫について調べてみました!

 

おすすめ記事
ビュールレコレクション(福岡)の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

 

可愛いイレーヌとは?


出典:九州国立博物館

可愛いイレーヌは、
ピエール=オーギュスト・ルノワールによって
描かれた肖像画で印象派の絵画のうち
最も美しい肖像画の一枚と称される作品です。

 

普段は、スイスのビュールレ財団が管理する
美術館に収蔵されていますが、2018年の
現在、開催されている 「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の展示作品のひとつとして日本全国を巡っています。

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

 

おすすめ記事
ビュールレコレクション(福岡)の混雑状況や待ち時間は?グッズやチケットも!

 

可愛いイレーヌのモデルは誰?

可愛いイレーヌのモデルは、
イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢という
少女であり、両親はユダヤ人銀行家のようです。
この作品が描かれたのは、1880年の夏だそうで
当時のイレーヌの年齢は8才だそう。

8才でこの美しさです。ルノワールの画力も
ですが、イレーヌ自体が放つ美しさもあっての
作品だと思います。

スポンサードリンク




 

その後の人生は?

こんな可憐で幸せそうな少女が
この後に送る人生は一体どんなものだったのか?
気になって調べてみましたが、
それはこの絵からは想像もつかない
過酷なものだったようです。

まず、この肖像画が描かれてから11年後
19才の時にユダヤ人銀行家のカモンドという
男性と政略結婚をさせられます。
カモンドの年齢は31才で12才も離れた
年の差婚だったみたいです。

これでも幸せな家庭を築いたのなら
良かったのですが、10年の夫婦生活の後、離婚。

イタリア貴族と再婚したが、20年後に再度離婚。
この20年の間に、長男を第一次世界大戦で失います。

さらに、第二次世界大戦で娘、孫、実の妹を失ったそう。

その後、イレーヌは91才まで長生きし、1963年に生涯を終えたそう。

書いていて、辛くなってくるくらいに、過酷な人生を送ったようです。

 

子孫は?

イレーヌの子孫については情報が見つかりませんでした。。。

調べたところでは、子供は最初の夫カモンドとの
間に授かった息子、娘の2人と再婚した夫との
間に1人?いたようです。

 

しかしながら、第一次世界大戦で息子を亡くし、
第二次世界大戦で娘、孫を亡くしています。

残された子が無事に結婚し、子孫を残していれば
現在もイレーヌの子孫の方がいらっしゃるかもしれません。

きっといらっしゃれば、先祖様に似て、とても美しい顔立ちを
しているんでしょうね。

可愛いイレーヌのモデルのその後の人生を
知って、作品を鑑賞するとまた違った印象を
受けるのかもしれませんね。

 

 

最新情報をチェックしよう!